藤和グループ
  • 代表メッセージ
  • 求人情報
  • がん特集
  • 透析の基本知識

がん特集

がん特集

現代社会では3人に1人の方が“がん”で亡くなると言われております。しかし、がんは定期検診などで早期発見し、早期に治療する事でがんから身体を守る事もできます。
このページでは、がんの基礎知識から早期発見、治療、予防について詳しく説明していきます。

がんはこうして作られる。

私たちの身体は約60兆個の細胞からできています。それらの細胞は毎日分裂を繰り返しています。 細胞が分裂する際に、DNAの複製ミスやその他様々なエラーが発生して突然変異をおこします。 突然変異した遺伝子から突然変異したタンパク質がつくられます。そのようなことを繰り返しながら、正常細胞からがん細胞が増殖していくことを「発がん」といいます。

しかし、人間の身体には優れた機能が備わっており、正常細胞ががん細胞への変異する途中でがん抑制遺伝子がそれらを修復したり細胞自体を自滅に追い込んだりするなどの働きをしたりします。 また、がん細胞が現れてしまっても、少数の段階なら、リンパ球などの 免疫細胞が退治してしまいます。

 毎日、私たちの身体の中ではがん細胞が発生しています。しかし、それを免疫細胞が抑えているのです。
しかし、ストレスなどで免疫力が低下したりするとがん細胞は強大な細胞群となりぐんぐんと成長していきます。 がんが肉眼で確認できる大きさは「1cm」(1億個)からと言われています。1億個の塊になるまでには数年から十数年かかるといわれています。 そのため、がん検診などによる早期発見、早期治療が最も望ましいとされているのです。

がんの成長

早期発見する。

初期がん発見のためのPET/CT検査とは、正常細胞より3~8倍も多くブドウ糖を摂取するがん細胞の特性を利用した画期的な検査法です。 FDGというブドウ糖に似せた薬剤を体内に注射し、薬剤ががん細胞に集まるところを画像化することでがんの有無や位置を調べます。

また、PET検査とCT検査を同時に行うことのできる最新画像診断装置であり、
PETによる細胞の機能画像とCTによる形態画像を重ね合わせたフュージョン画像を容易に作成することができ、診断精度の大幅な向上に役立っています。

CTの画像では複雑に重なった腹部臓器のどこにがんがあるかを判別するのが困難です。
PETの画像では明らかにがんの存在を認めるが、その正確な位置を把握するのは困難といえます。
PETとCTの画像を組み合わせると臓器の位置とがんの有無相互情報から正確な場所を判断することができます。

PET/CT検査 PET検査に関するお問い合わせ窓口

がんを治す。

現在、がんを治療する方法は、外科療法や放射線治療・化学療法など様々です。 それぞれ、進行度合いや部位等によって適する治療方法が異なります。 下表では代表的な治療方法について比較しています。

  外科療法 放射線療法 化学療法 免疫細胞療法
治療方法 手術によってがんを切除 X線や重粒子線などの放射線を照射 抗がん剤の投与 体外で活性化、増殖させたTリンパ球などを再び体内に戻し、体内のがん細胞を排除する
治療対象 局所 局所 全身 全身
特徴 初期がんに対して極めて有効 早期がんおよび部位などにより外科療法が困難ながんに有効 絨毛がん、急性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、睾丸腫瘍などで有効性が高い QOLを維持した全身療法。手術後の再発予防効果が報告されている
対象がん 早期の固形がん 頭頸部がん、子宮がんなど 進行がん、手術後の微小がん、及び転移や部位などにより外科療法が困難ながん ほぼ全てのがん(白血病、T細胞型の悪性リンパ腫等の一部の血液がんを除く)
副作用 臓器侵襲による出血のリスクおよび正常臓器機能の低下・喪失 がん局部周囲の正常細胞も傷害されるため、後遺症が残る場合もある 増殖の早い細胞に対して働くため、がん細胞のみならず正常細胞も殺傷される 軽微な発熱等のみ
(瀬田グループホームページより引用)